WAKAKO Blog

プリンセスジェムデザイナー社長WAKAKOが日々の出来事を綴っています。

2018年5月18日
から Wakako.I
0件のコメント

カーテンから始まった?!

すっごい懐かしいものが出てきた〜!このアフリカサバンナの絵(行ったことないけど)実は若かりし頃の私のお部屋のカーテンなのです。

きちんと言えば、カーテンらしきもの・・・もう一枚ジャングル模様のバージョンと2枚窓にかけていました。

なぜか突然、象やサイ、ヒョウ、美しい赤や青の鳥が飛んでいるジャングルや、沈む夕日の壮大な風景のカーテンが欲しくて探しましたが

当然・・・・

ないです。

プリント柄はあるものの・・・なんでおんなじ鳥が2回も3回も出て来るのよ?!(プリントだから当たり前なんですけど)

という素朴な疑問と気に入らない!が爆発し・・・・

そうだ!ないなら自分で描こう!と思いたったことが始まりです・・・・

そこから来る日も来る日も布に描くには同時たらいいのか?どんな絵の具があるのか?など探して、描き始め・・・

とうとうカーテンを仕上げたのですな・・・・

もう一枚の写真が行方不明なので、出てきたらアップしますね。

そこから、知人の勧めで、絵描きの先生に弟子入りさせていただくことになりますのだ・・・・

ターニングポイントですな・・・今から考えたら、かなりのアウトロー人生の第一歩がここだった〜!

いま、お陰でやっと〜!(いや〜!長かった〜!まだ今からですけど・・・・)得意な世界を表現できることがお仕事となり、

人に馬鹿にされまくった日々から脱却?!

温かく理解してくださる方がたくさん出てきてくださり、幸せを噛み締めている今日この頃・・・・・

なんども言いますけどまだ今から全力ですけど・・・

こんな下手くそな拙い絵を描いていた私をご指導してくださり、楽しい人生観を教えてくださった絵描きの師匠には

本当に言葉では言い尽くせないですが・・・心から感謝です・・・・2日間とあるプロジェクトで何時間も集中して絵を描いているうち、そんな気持ちが溢れてきました。

ありがとうございます。

2018年2月3日
から Wakako.I
0件のコメント

オリジナルの難しさとミッション!

昨年からバタバタと動き出したことがあり、今年に入ってどんどんその答えが出てきている今日この頃。それはいい答えばかりではなくて。

がっかりすることもあったりしますが、今、素晴らしい技術の進歩のお陰で、

便利な機械がたくさんあり、手作りではとても追いつかない早さと、美しさが際立っております。その中で手造りで生きていくにはいろんな課題があります。

変わらなくてはいけない部分、そして変わってはいけない部分・・・・

非常に難しい問題です・・・

ジュエリーでは宇宙に一つの逸品をやっていきたいというのが私の希望です。

んが、もっと身近に人に愛されるものも作っていきたいという希望もありますし、むしろそちらのオーダーの方が多いのも現実です。そしてそれもまた楽しいのです。

質が良くて、広く世の中に愛されるもの、人に喜んでいただけるものも作っていきたいなあ・・・とにかくプリンセスジェムブランドを知っていただかなくては・・・

と思っておりました。
そこで昨年あたりから、オリジナルの量産できるものを開発しようとしており、信頼しているいいチームができつつあるので、マシーンでこういうものはできないかと打診したところ、なんとびっくり!機械ではできない!という答えが何件も返ってきて・・・・

どんだけ〜?わたくしそんなに難しいデザインを出しているのか?!手の方ができるってどゆこと??とクエスチョンだらけの私に、とても丁寧に何ができないのか??どういうことが機械は苦手なのかを事細かに説明してくださりました。

なるほど!そこでまたびっくり!人間の手が一番融通がきくではないの???
ってことは、機械に任せる部分と、そうじゃない部分を組み合わせるということがPJではできる!他では面倒臭くてできない特別なことが、うちにはできる!と思いました。

どこにもできないオリジナルのものが新たな技術と素材を使ってできる!と確信しました。

魔法シリーズ!本当に魔法がかかったように始動します!
そしてハッと気づいたのです。私はこんなに手作りを大切にしているのに、いつの間にかなぜか機械が自分より上で、絶対的なものだと思っていました。それは私の中のコンプレックスに繋がるのですが・・・そう、ズ〜っと心のどこかでひきづっているもの・・・

「機械のように綺麗に左右対称にできない・・・・」
いらんわ、この考え・・・・捨てることにします。

果たして、人の心に響くものってなんなのだろう・・・・

2018年1月30日
から Wakako.I
0件のコメント

2018年なんだかすごいメッセージがやってきた

ちょっと今年に入ってから、バタバタといろんな出来事が起こりまして・・・

その度にたくさんの気づきをいただきました。

どうやら今年は、さらにたくさんの魔法を使わないといけないようです・・・・

魔法シリーズ、現実に発動いたします。故に、「夢を叶える魔法のペン」の企画も進むかも!

いよいよ楽しみになってまいりました!

2018年1月30日
から Wakako.I
0件のコメント

天使のペンダントトップお磨き入ります

鋳造上がりの湯道と鋳肌のザラザラを取っていきます。

湯道とは原形(WAX)を石膏で型取り、そこに金やプラチナを流すための道のことです。

赤ちゃんとお母さんを繋ぐ「へその緒」みたいなものでしょうか・・・?

大切な栄養を赤ちゃんに送り出す道と同じく
この道のおかげで綺麗に金属が流れて原型通りの形になります。

それをニッパーでカットした跡が残っているのでそれを取っていきます。

まずその湯道を粗いヤスリでとって形づくっていきます。

その後、中位の目のヤスリで全体をザーッと削り、一皮剥いて行く感じで仕上げて行きます。ここで、せっかくつくった原型の形を崩さないように注意します。

ですが、一皮剥く感じでやっていかないと光りません。なかなかその加減が慣れるまで難しいかもしれませんが、絶対に最後には光ると信じて頑張ります。

この「信じる」ってとっても大切なんです〜!

これは過去の私の経験ですが、

本当に、このままばっちいまま永遠に磨き続けなくてはいけないのではないだろうか??いや、もしかして前の工程に何度も戻って行ったり来たり永遠の負の連鎖に入ってしまっとるのではないか??などと
異常に不安になってしまうことが多々ございます。
それは厳しいこわ〜い検品が待っている時や、納期を急がされている時なんかは

焦る→光らない→何回も同じ工程を繰り返す→肩こる→目が見えなくなる→もはやまっすぐ歩けないほど疲労困憊!→治療に行く元気もないが首が回らなくなって仕方なしに行く!という地獄の磨き!となるわけです・・・・んが自分を信じてください!

絶対に美しく綺麗に仕上がると信じてやっていきましょう!頑張って経験しているうちに、いつしか早く綺麗にできるようになります。
ああ・・・・10数年前の自分に言ってあげたい・・・

 

https://youtu.be/aH1QU2rUv4s

2018年1月17日
から Wakako.I
0件のコメント

美しい仕事、丁寧な仕事をしていきたい。

最近あまりにもショッキングな事がございまして・・・・

「新品にも関わらず、傷だらけの欠けたボロボロの悲惨な宝石を使った上に

嘘みたいな恐ろしく粗雑な作り!おまけに信じられないような値段の商品」

を目の当たりにさせられまして・・・・

非常にある種の人に悪意を感じました。石に罪はないですし、作った方も当然の仕事だと思っているのかもしれませんが・・・

頭は痛くなるは首は引きつって具合悪くなるわ・・・精神的にもかなりの衝撃で

いろんなバランスを崩してしまいまして・・・・

何日か自分の中から何か凄い思いがこみ上げてきまして・・・

きちんと伝えていかないといけない事があると感じました。

決してそんな人ばかりではなく

本当に良いものを目指して作っている素晴らしい職人さん、良いものを扱っているジュエリー関係の方もいらっしゃいます!

決して自分が一番なんて思っちゃいませんが、本当にお客様に喜んでいただける丁寧な仕事は、当然時間がかかる。何度も工程ごとに磨いたり、デザインのほんの些細な線でも大切にしていかないとニュアンスが変わるし、物作りはそんなにパッパと簡単にできるもものでもない・・・と言う事を理解されない事態がここのところ、続きまして・・・

世間的に甘いと言われればそれまでですが、それでも結構。

私はそれでも、やはり「美しい仕事」をしたい!大切に心を込めて作っていきたい!

ちゃんと伝わる方にお嫁に行って欲しいと思っています。

それと、こう言うものを作りたい!扱いたい!と言う方のためにどんな風に作っているのか?何故できること、できない事があるのか?など今後、私の知っていることの限りをなるべくブログにアップしてお伝えしていこうと思っておりますので、良かったら参考にしてくださいませ。

まずはこ〜んな可愛い天使から・・・

この子は原形のワックス(ロウ)を18金に鋳造して上がってきたところです。

 

 

2018年1月5日
から Wakako.I
0件のコメント

2018年新年おめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願い致します。

素晴らしい年の幕開けとなりました。今年も地道に喜んでやっていくのみです。

本年はどんな花が咲いて、どんな実がなるのかな?

さて、いきなり残念なお知らせなのですが、1月24日から予定しておりましたIJTの出展

が取りやめになりました。

主催者側の理由は「前例がなく規則が整っていないから」

と言うわけで、前例がないのはいつもの事なので仕方ございませんね!

何れにしても、壮大な企画を練って私を選んでお声がけ下さった

インクインコーポレーションの社長様には

感謝しかございません。なんといってもワクワクした気持ちを与えて下さったのですか

ら!!

というわけで、ちがった形で良いご報告ができるよう頑張ります・・・

いつも応援して下さっている皆様、ぬか喜びさせてしまってごめんなさい。

んが、また新たなドラマが始まります。

2018年も素敵な年にしたいと存じます。懲りずに見守ってくださいね!

 

2017年12月26日
から Wakako.I
0件のコメント

2017年もありがとうございました。

2017年は目まぐるしく過ぎてしまいまして・・・・

本当に気持ちが追いついておりませんが・・・2018になってしまうのですね・・・

何と不思議なことがたくさんの1年だったことでしょう・・・

んが、2018年もいきなり!ついてる〜!

1月24日から27日東京で行われるIJT(国際宝飾展)に出展させていただくことに決定いたしました!
しかも〜!あの美しい本「Sensitive Style Jewerly」に私の作品を掲載してくださった

インクコーポレーション様のブースです!

社長様のご厚意により、このようなことになりました。

実は年末の最後の大きな時間に迫られていた仕事がキャンセルになったので、

1月のこの展示会に集中していけることになり、つくづくついてる!と思える日々でございます。

思い返せば、2017年の1月に東京に作品を持っていったあの日からのご縁でございまして・・・

何ともありがたく嬉しいお引き合わせ・・・・

感謝してこのチャンスを生かしたいと思っております。

ありがとうございます。

2017年8月14日
から Wakako.I
0件のコメント

素敵な人達との出逢いは続く 4年目に感じた事

名古屋名鉄百貨店での展示を終え,その日はちょうど8月9日、会社の設立記念日でした。

そんな日に,設立当時熱烈に応援してくださった香里さんが逢いに来て下さり、夢叶ノートを買ってくださいました。そして、今後のいろんなアドバイスをいただきました。ちょうど今,やろうとしていることプラス強烈な武器投入!といったところでしょうか?んが、なにぶん一人で考えて,作品を作って、動画をとって、編集して、お客様とお会いして・・・という日々・・・・なかなか事が進まない・・・けどやるしかないんだわ!やりますとも!

またちょうどこの日、仙台帰りのお疲れのところ、名鉄百貨店に来て下さり、さらに「お祝い」と言って大切な人の集まりに呼んで下さり、大切な何十年来のお付き合いの方をご紹介してくださったソプラノ歌手の下垣真希様!本当に愛情いっぱいでありがたかったです。

思い起こせば,4年前、本当に世間知らずの「お穣ちゃま奥様」(当時のあだ名)だった私・・・いきなりの洗礼に会い,やっと頑張れそうになったら、さらに事件が・・・と次々に色んな目に会い、もう立ち直れないかと思っていましたが、いえいえ、とんでもない!愛情深い人達がいてくださったお陰で今があります。いつも至らない私を、励ましてくれた人、一緒にイベントしてくれた人たち、忙しいときは放っておいてくれるけど、たまに美味しいものを食べに連れて行ってくれていつも元気をくれる友人達、SNSなどで温かいコメントやメッセージを下さる方、毒舌で面白い事を書いてくるけど応援してるよ!って伝わってくる某超一流料理人の方、作業を手伝いに来てくれる母、ネットショップなどお手伝い下さったり、「どう?」ってワイン片手に様子を見に来て下さる方。遠方から駆けつけて下さって、大切な人脈をご紹介して下さる方、そして何より、私の作品を愛してご購入して頂いた方たち、また,作品に惚れ込んで愛情一杯に本当に一生懸命に宣伝して下さる方、まだまだ沢山いらっしゃいます。本当に感謝してもしきれません。いつも皆様に支えられて参りました。

もうダメかなあと思ったときに、いつもデパートからお声がけ頂いたり、催事のお話があったり・・・・

本当に運が強いと思えることばかり。護られてるんだなあと思います。

ちょっと最近、身体の事や眼のことで考える事がありましたが、あとどれくらい造るお仕事ができるのかは解りませんが、神様に「はい、終了!」と言われるまで、夢のあるもの、宇宙に一つを目指して、自分の与えられた能力を最大限に生かして,人の、日本のお役に立てるよう精進して参りたいと思います。

いつも応援して下さっている皆様、ありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

2017年8月2日
から Wakako.I
0件のコメント

センシティブスタイルジュエリーに掲載頂きました!

Brand Jewelry特別編集の「センシティブスタイルジュエリー」の編集長渡辺様とお目にかかったのは、今年の1月のことでした。

そこから、こんなに内容の充実した素敵なご本を企画されたとはさすが!

驚きです。

ジュエリーの技法や、オーダーの仕方や、歴史など多岐にわたる分野を丁寧に解説されていて、アクセサリーは大好きだけど、そろそろ本物のジュエリーもいいなあと思われた方、けど何が良いのか解らない!とか初めてオーダーメイドのジュエリーを作って欲しい!という方!しっかりどのようにすればよいのか書かれてございます。

日本では欧米に比べたらジュエリーの歴史は浅いですが、私は縁あってジュエリーに携わっている人間として、欧米のようにに母から子へ・・・子から孫へ・・・と良いものを代々伝えていくという素晴らしい習慣が根付いて欲しいなあと思っているうちの1人です。

そのためには、やはり「お気に入りの一点」「大切にしているもの」「善いもの」と出逢うということが大切ではないでしょうか?きちんと造られたものは長い年月を経ても壊れませんし、作り替えれば、何代もお遣い頂けるものです。この本にはそういったジュエリーに対する編集長の熱い思いがびっしりと詰まっております。

こんな素晴らしいご本に、ジュエリー絵本「サーカスぞうのライリー」やエンジェルシリーズ、錫のことまでご紹介いただけたことに、大変嬉しく、感謝致しております。

不思議なご縁でこのようなことになり、本当についてます。いつも応援して下さる皆様のお陰です。

ありがとうございます。また魅力的な作品をつくっていきたいと決意を新たに致しました。

2017年6月23日
から Wakako.I
0件のコメント

女神達の饗宴 ありがとうございました!

ジュエリー作家、粘土作家、ヴォーカリスト(絵本セラピスト)3名を中心に、Decoクレイアートの生徒様たちとの合同アート展、今回は初の試みで、違う世界のアーティスト同士が、どういう空間で、どのような表現で最高のパフォーマンスをするのか??お客様にどうお伝えし、喜んでいただくのか?という難しいテーマに望んだ訳でしたが・・・いざ走り出すと、環境、素材、かけるコスト、仕事のペースも、目線も、ゴールも違うわけで・・・それは大変な課題が山積みでしたが、お互いに良くなりたい、高め合いたいという愛情があれば人は建設的に知恵を出し合って、美しいものをつくりあげる力があるんだということを教えて頂きました。ただし、そこには「覚悟」が必要だということ。これがすべてに大きく作用するということを切に学びました。

その気持ち、覚悟が沢山の方を巻き込んで、一つのものを作り上げる力になること。この度は、本当にたくさんの方が、裏方としてお手伝いをして下さり、ピッタリの方が手分けして仕事してくださり、どんなに助かったことか・・・・表に出ないところで、多くの方の力があることを忘れてはいけないと気持ちを引き締めて参ります。誰1人マイナスを言う人はおらず、今自分にできることを、的確に喜んでやって下さったことがいい結果を導き出して下さったのだと確信しております。

どんな問題が起ころうとも、自分たちが楽しんでやることをモットーにしてまいりましたので、それがお客様にも伝わるということを確信致しました。

沢山の学びと歓びと感動が渦巻いたイベントになったのではないかと思います。もちろん,反省点も山盛ですが、それぞれの今後の課題にして参りたいと思います。

Decoクレイの生徒様も、皆さんそれぞれの事情がある中で、精緻に造られた力作揃いで、のびやかに彩り豊かな作品を出展されました。日頃の梅谷先生のご指導の賜物だと感じました。

レセプションにおきましては、金澤よしこさんの、美しく優しい歌声、読み聞かせ・・・・心に響く時間になり、皆様の笑顔あふれるあの空間、何よりのご褒美となりました。

反省はつきませんが、やりきった感、充実感とともに、お片づけ!をしたいと思っております。そしてまた次のステージに向かって精進して参りたいと思っております。行き届かない点が多数あったかと思います。お気づきの点などございましたら、是非メッセージくださいませ。

全てのかかわって下さった皆様、お越し頂いた皆様に感謝と愛を・・・・・ありがとうございました!