WAKAKO Blog

プリンセスジェムデザイナー社長WAKAKOが日々の出来事を綴っています。

2017年2月8日
から Wakako.I
0件のコメント

2017年も夢あるもの造り!魔法のペンを世界に!

2017年、今年どうしても世に出したいもの!

それは、夢が叶う「魔法のペン」です。

何度か、写真でアップしておりますが、1年がかりでやっと形になったこのペン(万年筆)です。もちろん、手造でひとつづ創ってロー付けしたのでこの原型と同じものは決して、できませんが、少しアレンジしたものを

お届けしようと思っております。素晴らしい出会があり、ご協力してくださる方々がみつかりましたので、必ずや現実になるはずです。

世に出したい最大の理由は夢を世界に広めたいから・・・

世界中の人が夢を持って生きて欲しいから・・・・

言葉には想いを現実にする力があります。自分の夢を多くの人が描き出して

現実に叶えば、とっても幸せでしょう?

幸せな人をふやしたいのがもの造りをする上で、最大の私の願いです。

そして、もう一つは直筆の大切さを感じるから・・・

お礼状や、お手紙をたとえ1分でも書いている間は、相手の事を思い浮かべながら書いてます。想いを寄せると必ず伝わります。

メールもいいけれど、直筆はより温かさや表情まで伝わる気が致します。

そのような時間をもつことはとても大切だと思うから・・・・

そして丁寧に文字を書くと心が落ち着いて、精神統一できるから・・・

なんて、どれもわたくしの主観ですが・・・・とにかく楽しみにしててくださいね

魔法のペン のコピー

 

 

2016年8月10日
から Wakako.I
0件のコメント

阪神百貨店様での催事、無事に終了いたしました。

お陰さまで、6日間の「しゅ・わ・りん」の催事は昨日無事に終える事ができました。このイベントに際して、お越しになられたお客様、ご紹介戴きました方、ならびに阪神百貨店の皆様、ご披露させていただくのに6日間詰めて下さり、運営してくださった株式会社グラウンディングの皆様に心より感謝申し上げます。

色んな出逢いと課題をいただき、また、新たに勉強させていただきます。

浴衣の時期に出したい!という願いが突然に叶ったこの度の、催事。

思えば、2年の歳月に研究と開発、製作を繰り返し、地道に沢山の経験を積ませていただき、この度の催事でスポットライトを浴びている「しゅ・わ・りん」を見たとき、熱い想いがこみ上げて参りました。そして、共鳴してくださるお客様の輝くお顔を拝見し、喜んで頂いた時、さらに、嬉しさが増しました。
今まで、「しゅ・わ・りん」を世に出そうとどれだけの人が、協力してくださったことか・・・沢山のお顔が眼に浮かびます。

すっかり忘れて突っ走っておりましたが、暑い暑い日に、この紙を縫製してくれる人を探しまわっては、断られ、うちひしがれて、泣きながら帰ったことや、ひたすら,彩色していたこと、コーティングをあれこれ,試したり、販売戦略をあれこれ試したり・・・・良い話も悪い話も含めて、世の中にないものを生み出す事がどれだけのことかをこの数年、思い知らされたことは数知れず・・・・
でも、その間、ずっと応援し続けて下さった方、大切に使って下さっている方、ひたすら、イベントで「しゅわりんのよさ」を伝えて下さった方、皆様の愛により、諦める事なく今日まで続ける事ができました。決して出来上がった訳ではなく、今から新たなステージでのスタートだと思っております。また、模索の日々が始まります。

その前に、変らず応援して下さる方へ「ありがとうございます」と感謝を伝えたかったので・・・・そして、「これからも宜しくお願い致します!」

ハッピーはハッピーを呼寄せる!ということを再認識致しました。

そして、人は色によって,とても影響を受けているということも・・・
次回は、秋に大丸百貨店での催事になるかと思いますが,楽しみにしていてくださいね!

それまで、猛ダッシュで個展の準備を進めて参ります!

 

IMG_20141129_140124

2016年8月9日
から Wakako.I
0件のコメント

阪神百貨店での「しゅ・わ・りん」彩色体験

阪神百貨店様でのチャームの彩色に、ご参加下さいました皆様、ありがとうございました。いつも製作している私ですが、皆様の、個性のあふれる美しい色合いのチャームはとても魅力的で、また新たな彩色の勉強になりました。

ついつい、塗っている現場を見ていると真剣になってしまい、写真が怖い!と言われ、現場スタッフの何度もの果敢なるトライ?!のお陰で、まるで、優しく見守る女神のような表情でございます・・・・?!

偶然この日、東京からお越しのお姉様と大阪在住の妹様のお二人でご参加されたり、お友達同士で以前からご予約頂いていた方、急遽駆けつけて下さった方など「とても記念になった!」と喜んでいただけて、嬉しかったです。

また,次回は10月には新たな彩色体験を企画いたしております。ご興味のある方は、ご連絡くださいませ。皆様のご参加、心よりお待ち致しております。

13900114_733189326823963_5962768974542535776_n13880352_732829490193280_9157843043975985968_n13900222_733189260157303_7591631344279145869_n
13876438_732829466859949_5213373257881619581_n13880148_732832540192975_8940479439456742989_n13920992_732829503526612_8323491846007297929_n

2016年7月28日
から Wakako.I
0件のコメント

ハッピーボンバー!!投下!

突然ですが、もしも大っ嫌いな人が目の前にいて、ものっすごく腹がたつような場面に出逢ったり。。。そんな環境のど真ん中にいるとき・・・・皆さんはどうされますか?相手に感情のまま怒りをぶつけますか?
実は私はいつも心の中で、腹が立てば立つほど、その人(現象)に向けておもいっきり大きな爆弾を投下してさしあげるのです。
それは、「憎しみ」ではなく「最大のハッピーの楽しい想い!」を投げつけてやるのです。「どうだ?まいったか?幸せ爆弾だ〜!これでもお見舞いしてやる!」と・・・・
憎しみは憎しみを呼ぶけれど、こちらから幸せの想いをどんなに乱暴に投げつけても、相手には幸せをぶつけているので、全然平気なのです。「口惜しかったら、幸せになってみなさい!」
しかも、こちらはおもいっきり投げつけているイメージなので、ものすごいストレス解消なのです。世界中でも「楽しい自慢大会」をお互いにしていれば、喧嘩にはならないのでは?と思います。「どうだ、こんなにたのしいんだぞ!」「いや、私の方はこんなにたのしいんだから!」「それはよかったね・・・」となるのでは??
正しい事を言い合うと「オレが正しい!」「いや,私が正しい!」と必ず喧嘩になるような気が致します。

幸せを相手に投げて、その人が幸せに包まれたらラッキー!

「ハッピーボンバー」ってご存知ですか?
しゅ・わ・りんの和紙を使ったり、漆喰を使った玉なのですが、一つづつ手づくりで愛情たっぷりに創った玉

ただの玉ではなく・・・人に幸せをもたらす玉・・・実は、このような想いを形にしたものなのです。今回、このハッピーボンバーが

阪神百貨店7Fに登場致します。普段は、心斎橋の一般社団法人「幸せのかたち造り」のウィンドウで楽しく弾けているボンバーたちなのですが・・・

8月3日(水)〜9日(火)7Fリビングフロアにて

6日は11時からと15時からの2回
彩色体験も致しますので、ハッピーボンバー!な空間を楽しみにいらしてくださいね!

ハッピーボンバー

2015年12月3日
から Wakako.I
0件のコメント

しゅ・わ・りんファンの熱い想い

以前「しゅ・わ・りん」カバンをお求め戴き,大変気に入って下さったお琴の先生が、今度はお孫さんと、お世話になっている方へのプレゼントとしてご注文をいただきました。

一つ一つ違うと「しゅ・わ・りん」なので、選びたいというご希望・・・さすが!解ってらっしゃる〜!と嬉しくなってしまいました。そして,無事に納品したわけですが、このお客様とご縁をつないで下さったカフェのオーナーが素晴らしい!

ものすごい説得力なのです。丁寧でとても言葉に力があり、私は常日頃から、感服いたしております。一体何が違うのか・・・ここ一番全く説明できず、ついついふざけてしまう自分が情けないのですが、この度もカフェ&ギャラリー片岡様に大変お世話になりました。本当にありがとうございました。
ここの「コピ・ルアク」と「白ぜんざい」をご褒美にまた、頑張ります!140702しゅわりん_003 1

2015年10月19日
から Wakako.I
0件のコメント

ジュエリー絵本への想い

今、一生懸命取り組んでいるプロジェクトがあります。

それは、今までやって来た事が素材だとするとすべてを合わせて、粘土でこねながら、新しいまだ見ぬ形を創り出しているようなもので・・・でも、自分に与えられたミッションだと思って、日夜研究しております。

思えば、2年前にやっとの想いで発表したジュエリー絵本が最初でした。絵も一生懸命やって、 ジュエリーも必死で勉強し、自分に表現できる形を探し求めて、沢山の方の愛と知恵とご協力を頂きやっと完成したジュエリー絵本・・・・・
ライリーが辛い状況を乗り越えたり、何度失敗しても失敗しても一生懸命チャレンジする姿を通して,努力は決して無駄ではないんだということ、頑張れば,周りのみんなも嬉しいんだということ、これはずーっと続くテーマかもしれません。
そして、楽しい、新しいものを創り出すということは、時として今までの環境や周りの人とお別れしてしまうこともありますが、それを乗り越えた時、また,素晴らしい新たなミッションに向けての出逢いが用意されているのだとライリーが教えてくれました。
どんな状態でも、今出来る一歩から進んで生きたいと思っております。
いつも,温かく応援して下さる皆様、ありがとうございます。

ライリー画像表紙

130625_004-1

2015年10月9日
から Wakako.I
0件のコメント

ソプラノ歌手下垣真希さんから学んだこと

先日名古屋に母と二人で久しぶりにお出かけ・・・・

行き先は「しらかわホール」で行われるソプラノ歌手の下垣真希さんの25周年記念のリサイタル!
最近,元気のない母にどうしても聴いて欲しかったから・・・打ち上げもばっちり参加予定でしたが,ノンアルコール覚悟で車でドライブしながら向かいました。

真希さんの歌声に魅了され、熱い平和へのメッセージに感動しっぱなしの数時間。人として,心を動かさずにはいられない・・・・

また、共演者の方々がいつも通り期待を裏切らない素晴らしさ!一流である上に、皆様本当にこころが穏やかな方達なのだと再び感じました。
25年も大好きな唄を続けてこられた真希さん、波乱万丈色々あったことかとお察しいたしますが、このリサイタルにたった独りで前日3時までかかって準備をされていたとのこと。本当に胸をうたれました。

私は今、ある岐路に立たされています。不安と寂しさでいっぱいでどうしようもない時もあります。でも、数々の苦労の中、独りで好きなお仕事を25年も続けて来られ、今ステージに立って、沢山の人に感動を与えていらっしゃる立派なお手本が目の前にいるではあ〜りませんか?!
優しく,愛深く,そして時に厳しく・・・・沢山の「問いかけ」が自分の中に生まれました。

先日神社にお参りしたときのように・・・・
真希さんが愛と平和を唄で伝え、その唄声にのせた心に感動するファンたち・・・ファンの熱い想いにまた真希さんが感動して・・・とても素敵なうずまきがぐるぐる出来ていました。

涙があふれてきました・・・ふと、横を見ると,母も号泣
この素晴らしい日本を支えてくださった先人達にも感謝せずにはいられない・・・そんな素晴らしい大きなテーマのコンサートでした。

真希さんとお友達になれたこと、そして、ファンの皆様とも仲良くなれたことは私にとって宝物です。皆様ありがとうございます!
これからも素晴らしいコンサートを楽しみに致しております。

11月7日には東京でコンサートがあります。絶対期待を裏切らないコンサート!是非、足を運んでくださいね!

11224615_738544519584656_6215503602781462816_n

 

2015年9月19日
から Wakako.I
0件のコメント

ご好評戴いている「しゅわりん」について

先日とても嬉しい事に、とある交流会でご縁を戴いたコンサルティングの方が某百貨店の方に「しゅわりん」をご紹介してくださっていたそうです。

そのように,私の知らないところで、愛情をもって人に「しゅわりん」をお伝えして下さっているということを知り、なんとも有り難く、嬉しい気持ちで満たされました。
また、自ら「しゅわりん」を扱いたいと名乗りを挙げて下さった方が物凄い熱意を持って人に説明をして下さっていた事、「WAKAKOさんのカバンがおいてありましたよ!ものすごく熱く語ってくださいましたよ!!」とたまたま通りかかった知人が教えてくれたのが、なんとも嬉しかったです。

私も周りの方もとっても大切に創ってきた「しゅわりん」です。

今日はその使われている和紙について少し書かせて頂きたいと思います。人と揉めるのが大嫌いな私ですが・・・今まで悩んだ結果、この辺りできちっと書いておいた方が良いと判断した上でのことです。

今年の初めに某デパートより「しゅわりん」を扱いたいので、「原産地証明」なるものを提出して欲しいと依頼があり、すぐさま仕入れ先である京都の老舗和紙屋さんに元顧問経由でご連絡したところ、過去に前例がないとかなんとか色んな理由で出せないということになり???どういうことなのか??やり取りしているうちに、今後一切取引停止ということになりました。ベンチャーだから??みたいな・・・
理由はよく解りませんが、その辺りは法律のプロにおまかせするとして・・・肝心の和紙がないと大変だ!
と言う訳で,こちらで独自に調査し取り寄せたところ、何と,そっくりの紙をタイで漉いていることが判明・・・・
そしてその後、色んな方々のお世話になり,この度、直接タイの会社とお取り引き出来る運びとなりました。
今まで、調査をしたり,強度を上げる研究を通して、沢山の方々に出会える事ができ、口惜しい想い,残念な想い、嬉しい想いなどなど、思えば大変勉強になりました。

当初、同じものが日本で出来ないかと、色んな方に相談、検証,試行錯誤を重ねた結果、気候、人件費、手間暇など様々な条件から、現時点では国内で同様に漉くのは困難であると判断させていただきました。
商工会議所の方、和紙の研究をされている専門の方、日本で上質の和紙を扱っていらっしゃる方、検査して下さった方、その他各種機関でご協力戴いた方、そしてタイの皆様には大変感謝いたしております。

この和紙がタイの人が愛情を込めて漉かれたものであること、私はそのエンボス加工(立体うずまき)が気に入ってインスピレーションを得て、自ら彩色し、日本のハンドバッグ縫製の会社で丁寧に本革と合わせて作っていること。

そして、なによりお客様が「しゅわりん」を気に入って大切に使って下さっていること。それが事実で、今の私にとっては財産です。

夢を叶えるノートの嬉しいご報告も沢山戴いております。一見辛い事があるから,善い事がより輝いて見えます。
メイドインジャパンを世界に発信するという想いに変わりはなく,今後もご協力戴ける方と共に精一杯の愛情を込めて作品を創って生きたいと思っております。
いつも応援して下さっている皆様、ご心配をおかけした皆様、ありがとうございます。

140702しゅわりん_003 1

2015年9月8日
から Wakako.I
0件のコメント

大丸松阪屋心斎橋店、京都店ご来場戴きました皆様

誠にありがとうございました。皆様のお陰で無事に事故もなく、怪我もなく、忘れ物もなく?!会期を終了することができました。
沢山のメッセージを頂いたり、手応えを感じたり、大変勉強になる実り多い展示会となりました。
出展されていた方(本物を扱う方々)のお話をうかがう機会が多々あり、色んなアドバイスや応援のお言葉をいただき、新たな課題を見つける事ができました、そしてまた,その課題に取り組んで行きたいと目標ができました。心配事もなんとか乗り切れました。
今回の私の作品が賛否両論、あるかと思いますが、今後も手を抜かず美しい夢のある作品をお客様に楽しんで頂けるよう努力して行きたいと存じます。
素敵なお客様に出逢えた事、本物の眼を持った出展者さんに出逢えた事、そして、デパートの方々の優しさに触れ合えた事がなによりの宝物となりました。
もうひとつ、素晴らしい友人達が駆けつけてくれたこと!本当に助けられました。
人の優しさを感じた展示会になりましたことを心より感謝いたします。思えばライリーの誕生から色んな人の出逢いすべてが不思議の連続です。
コレから,いっぱい恩返ししていけるよう頑張ります!
いつも応援して下さる皆様、ありがとうございます!

11933378_879646978778962_7962851110606758439_n